ネットワークビジネス情報局

ネットワークビジネスに関連する情報を中立的な立場で掲載しています。

アムウェイのミーティングやデモの内容を大暴露

   


【この記事を書いた人】タッチタッチプロフィール写真
元ダメ経理マン。奥さんと過ごす大切な時間を作るためにアービトラージで脱サラ後、月収100万円達成。奥さんとの時間が1番大事な自由人。
詳しいプロフィールはこちら
 無料メルマガはこちら

amway(日本アムウェイ)の会員は定期的に集まってミーティングをしています。「アムウェイの会員だけで集まって何を話してるんだろう・・・怪しい」と思ったことはありませんか?

 

この記事ではアムウェイで行われているミーティングの内容を暴露します。また、勧誘時に行われるデモの全内容も公開しますので、デモの嘘に引っかからないよう知識武装しておきましょう。

アムウェイ会員の集まり「ミーティング」とは?

アムウェイのミーティングとは新規会員を増やすための作戦会議です。カフェやアップライン(上位会員)の自宅にて、グループ別に少人数で集まって行われます。

 

 

ミーティングでは以下の内容が行われます。

 

  • アポの状況の報告
  • 勧誘で断られた時の対処法
  • デモの練習
  • アムウェイ製品のすばらしさの確認
  • 「決断の時」などの有名セミナービデオ視聴による洗脳※1
※1「アムウェイは自由なので、やりたいからやるもの」というスタンスです。その元となっているのは、アムウェイ創業者であるリッチ・デヴォス氏の「決断の時」という実践哲学のスピーチです。

 

アポの状況の報告

ミーティングのメインの目的は、アポの状況報告です。現在勧誘出来る人間のリストアップをしたり、スケジュールの調整をします。

 

アポには段階があり、勧誘は4回目以降というマニュアルもあります。

 

  1. 初回は昔話など当たり障りのない話を共有し、関係を温める
  2. 近況や将来の夢などを聞き出し、相談に乗ったりする
  3. 自分の近況や将来の夢を話す
  4. 「実はこの前話した夢を実現できるものがあるんだけど・・・」と持ち掛け、デモに誘う

 

アポの状況報告は、この段階でのアポ取りがうまくいっているかの報告です。

 

自分でアムウェイの説明が出来ない会員は、説明出来る上位会員を呼び2人がかりで勧誘します。ネットワークビジネス界ではABCと呼ばれています。

 

ABCとは以下のとおりです。

 

  • Aーアドバイザー(アムウェイの話が出来る上位会員)
  • B-ブリッジ(アムウェイの話が出来ない下位会員)
  • C-クライアント(勧誘される人)

 

「実は今、すごい人が偶然近くにいてるんだ!普段忙しくて全然会えないんだよ!会えるなんてラッキーだよ!良かったら会ってみない?」と、偶然を装ってAさん(上位会員)を呼びつけます。勧誘された事がある人は経験があるかも知れませんね。

 

偶然を装ってますが、実はミーティングにてみっちりとスケジュールを相談しています。Aさん(上位会員)はBさん(下位会員)に呼ばれるまで近場で待機してるんですね。何の偶然でもなく、計画的に行っています

 

Aさん(上位会員)を呼ぶための話の流れもミーティングで教えられています。「久々に会いたいから会おうよ!」という誘いも、Aさん(上位会員)とスケジュールをきっちり確認し、どのような流れで勧誘するか?というところまで全て相談して計画的にやっているんですね。

アムウェイのマニュアルが流出

アムウェイの勧誘マニュアルがネットで流出し、話題になった事があります。

 

下北沢のセブンイレブンのコピー機に、アムウェイのマニュアルが残され、Twitterで流出しました。am_t

(画像をクリックすると拡大します)

 

紙には、アムウェイが勧誘する際のトークの流れがYes、Noのチャート式に書かれており、どんな流れになっても最終的には必ず会う約束を取り付けるようになっています。

 

このマニュアルでは勧誘を断られた時の対処法が細かくマニュアル化されています。ミーティングでしっかりと教え込まれているかが伺えます。

アムウェイのデモ実験は嘘もある

アムウェイは、勧誘の一環で製品のデモンストレーションを行いますが、中には嘘のデモ実験もあります。

 

アムウェイのデモ実験では、低価格の市販品と比較し、「ほら!アムウェイ製品はこんなにスゴイんだよ!」というアピールをします。

 

平日の夕方にカフェに行くと、デモキットを取り出してデモ実験をしているアムウェイ会員に遭遇出来ます。会員達は勧誘のために、ミーティングで日々デモの練習をしているんですね。

 

マニュアルがあり、どんな会員であっても同じデモ実験を行うことができます。

 

アムウェイの製品は高価なので、低価格の市販品より質が良くて当たり前です。

 

しかし、中には製品をよく見せるために、行き過ぎた嘘のデモもあります。

 

有名なものでは、ディッシュドロップという洗剤のデモです。ディッシュドロップは、LOCと共にアムウェイのベストセラー商品で、食器用洗剤です。

 

【デモ手順】

1.鏡をラー油で汚す

2.鏡の左半分にディッシュドロップ、右半分に市販品をかける

3.水で流すと、ディッシュドロップをかけた部分だけキレイにラー油が落ちる!ほら!すごいでしょ!

 

このデモ実験には嘘があります。

 

アムウェイ製品のディッシュドロップは、水で8倍に薄めていますが、市販品は原液のままぶっかけてます。洗剤は水と混ざり合うことで、効果を発揮するものです。原液でかけても油が落ちないのは当たり前です。

 

事実、市販の洗剤には「水1Lに対し、0.75ml」という表記があります。洗い物をするとき、誰でも原液のままでは使いませんよね?油は原液の洗剤だけでは落ちないということは、よく考えれば誰でもわかることです。

 

嘘の実験がマニュアル化されています。中には正しい実験もありますが、一つでも嘘があるなら信用出来ないですよね。アムウェイのデモ実験を見て「うぉー!アムウェイ製品すげー!」と素直に信じないよう注意しましょう。

アムウェイの全デモを公開

アムウェイの全デモ動画を公開します。デモの内容を事前に知っていれば、あなた自身が勧誘された際にデモの嘘を論破しやすくなります。ディッシュドロップでラー油が落ちる嘘デモは1:55から視聴してください。

まとめ

アムウェイはミーティングでデモの練習から勧誘の計画まで、徹底的に教育しています。

 

ミーティングはグループごとに頻繁に行われています。頻繁に行うことでアムウェイの思想を教育しているんですね。勧誘は「ただカフェに行っておしゃべりしたいだけだよー!」と言いながら裏ではミーティングでしっかりと計画を練っています。

 

 

アムウェイ製品は本当に質の良い製品もあります。しかし、デモ実験によって一つでも嘘をついているなら、信用は失われます。本当に製品に自信があるのなら、嘘の実験は廃止して欲しいですね。

 

もし、あなたが誘われたときも、今回ご紹介した内容を思い出し、引っかからないようにしてください。

ネットワークビジネスは稼げないと感じたら読む記事

まだネットワークビジネスで消耗してるの?

 

あなたはいくつの選択肢の中からネットワークビジネスで稼ごうと考えましたか?

 

ネットワークビジネスは稼ぐための一つの手段でしかありません。

 

  • 「知ってるか」「知らないか」
  • 「情報弱者か」「情報強者か」

ネットワークビジネスは北極で誰も欲しがらないガリガリ君を売っているようなもんです。

 

億を稼ぐイチロー選手でも稼ぐ場所を間違えてコンビニでバイトしたら時給800円ですからね。

 

何かしらビジネスで稼ぎたいなら、様々な情報を知って情報弱者を脱出しておかないとすることになります。

 

情報感度が高いあなたにぜひ読んで欲しいオススメの記事です。

 

⇒情報弱者を抜け出す方法を覗き見してみる

 

 - アムウェイ